うたまっぷ歌詞検索  うたまっぷモバイル  うたまっぷツールバーについて 
トップ > 自作俳句・川柳トップ <<<前 次>>>
この俳人のプロフィールを見る
 光り零して 雪垂りては 流れては
ひかりこぼして ゆきしずりては ながれては
江戸人 天文 2016年01月20日
コメントを書く コメント閲覧(6) 返歌を書く 返歌閲覧(0)
季語・・・【垂り雪・冬】

関東の雪はあっという間に積もり、あっという間に融けますね。

それにしても、明日あたりから始まる筋肉痛が怖い。

年と共に筋肉痛が襲ってくるタイムラグが憎い。

肉体労働をして、
「うっへぇーーー、ちかれたぁ・・・・・」となっても、翌朝起きても体は別に痛くない。

OH! 日頃鍛えてる賜じゃ!
とほくそ笑んでいると、一日置いて腕、腰の筋肉痛が来やがる。

なんで、痛ぇんだろ・・・・・。

その「痛」の原因を度忘れするのも憎い。

年は憎い。