うたまっぷ歌詞検索  うたまっぷモバイル  うたまっぷツールバーについて 
トップ > 自作俳句・川柳トップ <<<前 次>>>
この俳人のプロフィールを見る
 割腹の 秋刀魚介錯して 売られ
かっぷくの さんまかいしゃくして うられ
江戸人 動物 2015年11月13日
コメントを書く コメント閲覧(7) 返歌を書く 返歌閲覧(0)
季語・・・【秋刀魚・秋】

俳句の世界では既に冬に入っていますが、まだ西友に秋刀魚が売ってますので・・・・・・(^_^;)

昔はこんな不精推奨の秋刀魚なんて売ってなかったですよね。

秋刀魚はやはり、ハラワタごと食ってこその秋刀魚ですよ。

今は流石に歯が老いてしまいましたので、やりゃしませんが、昔は秋刀魚の頭をはずしたら、後はバナナを食うようにして秋刀魚を骨ごと、ハラワタごと食ってました。

これを見るたび、カミさんは

「野蛮人」と仰ってました(>_<)

歯が丈夫だった頃が懐かしい、秋刀魚の季節です。