うたまっぷ歌詞検索  うたまっぷモバイル  うたまっぷツールバーについて 
トップ > 自作俳句・川柳トップ <<<前 次>>>
この俳人のプロフィールを見る
 梅雨明けの 日を巻き込みて 傘仕舞ふ
つゆあけの ひをまきこみて かさしまう
江戸人 時候 2012年07月25日
コメントを書く コメント閲覧(0) 返歌を書く 返歌閲覧(0)
季語・・・【梅雨明け・夏】

既に梅雨は明けたと発表されていますが、ここのところの涼しさ・・・・・・というよりも、肌寒ささえ感じさせていた気温と、ぶり返した暑さに、改めて梅雨明けを感じています。