うたまっぷ歌詞検索  うたまっぷモバイル  うたまっぷツールバーについて 
トップ > 自作俳句・川柳トップ <<<前 次>>>
この俳人のプロフィールを見る
 白を着て 鼻梁静かに 梅雨深し
しろをきて びりょうしずかに つゆふかし
江戸人 天文 2012年07月09日
コメントを書く コメント閲覧(1) 返歌を書く 返歌閲覧(0)
季語・・・【梅雨深し・夏】

父は既に他界していますが、つい先日、近所のご長命だった父の同級生が亡くなられました。

なんだかまた父親に旅立たれたような気がしました。