うたまっぷ歌詞検索  うたまっぷモバイル  うたまっぷツールバーについて 
トップ > 自作俳句・川柳トップ <<<前 次>>>
この俳人のプロフィールを見る
 清め塩振る 木犀の 闇の底
きよめじおふる もくせいの やみのそこ
江戸人 植物 2011年10月13日
コメントを書く コメント閲覧(2) 返歌を書く 返歌閲覧(0)
季語・・・【木犀・秋】

この辺では木犀の盛りは過ぎました。