うたまっぷ歌詞検索  うたまっぷモバイル  うたまっぷツールバーについて 
トップ > 自作俳句・川柳トップ <<<前 次>>>
この俳人のプロフィールを見る
 蜘蛛の囲に 真珠連ねて 雨上がる
くものいに しんじゅつらねて あめあがる
江戸人 動物 2011年08月19日
コメントを書く コメント閲覧(4) 返歌を書く 返歌閲覧(1)
季語・・・【蜘蛛の囲(くものい)・夏】

蜘蛛の囲・・・・・蜘蛛の巣です。

どうだん躑躅など、小枝が密集している木には、微細な網の目の蜘蛛の巣を見かけます。

雨上がりのそんな蜘蛛の巣は、水滴が真珠のように輝いてます。