うたまっぷ歌詞検索  うたまっぷモバイル  うたまっぷツールバーについて 
トップ > 自作俳句・川柳トップ <<<前 次>>>
この俳人のプロフィールを見る
 白日傘 八橋の上の 傘傾げ
しろひがさ やつはしのえの かさかしげ
江戸人 生活 2011年06月08日
コメントを書く コメント閲覧(4) 返歌を書く 返歌閲覧(0)
季語・・・【白日傘・夏】

今は日傘は白と限ったものではありませんね。何年か前から、日傘は黒い方が紫外線の遮断に効果あり、とのことで、黒い日傘が全盛ですね。カラフルでもありますし・・・・・。

でも、和服には矢張り白日傘でしょうか・・・・。

「傘傾げ」

この言葉、ひとつの独立した単語として存在するのですね。ひとつの動作なんです。

つまり、細い道で傘をさしたもの同士がすれ違う時、お互いに傘がぶつからないように、ちょっと外側へ傘を傾げる。

この動作が「傘傾げ」なんですね。

今、傘がどすんとぶつかるシーンに、しばしば出くわします。