うたまっぷトップへ うたまっぷ歌詞検索  うたまっぷモバイル  うたまっぷツールバーについて 
俳句・川柳トップへ
トップ > 自作俳句・川柳トップ その他の返歌を読む>>>     作品に戻る>>>
この俳人のプロフィールを見る
 だるまさん ころんで泣いて 秋夕焼け
だるまだん ころんでないて あきゆやけ
江戸人 天文 2011年10月27日
季語・・・【秋夕焼け・秋】 「秋夕焼け」は、普通、「あき ゆうやけ」と読みますが、俳句ではリズムを整えるために、 「あきゆやけ」と読みます。時折こんな俳句独特の読み方をする時があります。 「蜻蛉」は普通は「とんぼ」と読みますが、俳句では時折、 「とんぼう」と四文字にして読むときがあります。その他にも 「牡丹(ぼたん)」を「ぼうたん」 「蛍(ほたる)」を「ほうたる」 などなど、面白いですね。
   
秋夕焼け 一息ついて 家路かな
あきゆやけ ひといきついて いえじかな
秀路居 生活 2011年10月30日
いつも通る 道すがらきれいな夕焼けなどに出会うと うーんここで1句と思うが・・