うたまっぷトップへ うたまっぷ歌詞検索  うたまっぷモバイル  うたまっぷツールバーについて 
俳句・川柳トップへ
トップ > 自作俳句・川柳トップ その他の返歌を読む>>>     作品に戻る>>>
この俳人のプロフィールを見る
 蜘蛛の囲に 真珠連ねて 雨上がる
くものいに しんじゅつらねて あめあがる
江戸人 動物 2011年08月19日
季語・・・【蜘蛛の囲(くものい)・夏】 蜘蛛の囲・・・・・蜘蛛の巣です。 どうだん躑躅など、小枝が密集している木には、微細な網の目の蜘蛛の巣を見かけます。 雨上がりのそんな蜘蛛の巣は、水滴が真珠のように輝いてます。
   
雨風に 耐えた蜘蛛の囲 褒美得る
あめかぜに たえたくものい ほうびえる
秀路居 その他 その他 2011年08月21日
真珠みたいだと喜んでいるのは人間だけなのでしょうか 蜘蛛にとっても水分確保等で利があるのでしょう