うたまっぷトップへ うたまっぷ歌詞検索  うたまっぷモバイル  うたまっぷツールバーについて 
俳句・川柳トップへ
トップ > 自作俳句・川柳トップ その他の返歌を読む>>>     作品に戻る>>>
この俳人のプロフィールを見る
 囀りや 原にあふるる 子らの声
さえずりや はらにあふるる こらのこえ
江戸人 動物 2011年04月24日
季語・・・【囀り・春】 うらうらと春の日差しがいっぱい、被災地の方々には申し訳ないほどの好天です。 私達は今のところ元気に動けますから、精一杯元気に動いて、応援しましょう。 大切な人の笑顔を守るために、自分は何が出来るのか。ちょっと立ち止まって考えるのも、決して無駄ではありません。 大切な人・・・・・・、親であったり、妻や夫であったり、子供であったり、恋人、友人、仲間・・・・・・。 様々な大切な人がいますね。 人を非難ばかりしていても、何も生まれませんものね。ここは一丁、励まし合いましょう、、懸命に働いている方々を・・・・。 中には禿増している方もいますが・・・・。まぁ、そこはそれ、頭寒足熱だから理にかなっているということで・・・・・。 子供の頃履物を遠くへ飛ばして叫びましたっけね。 「あした、元気になぁれーーー!!」 あ、いや間違い、「天気になぁれ」でしたね。
   
囀りも 鶯ばかりが やに聞こえ
さえずりも うぐいすばかりが やにきこえ
秀路居 動物 2011年04月25日
色々な鳥が囀っているはずなのに、ホーホケキョ、ホーホケキョと美しく歌われちゃうと他の鳥の囀りが聞こえなくなってしまうのは私だけでしょうか