トップ > 自作俳句・川柳 > コメント一覧 − 新着順
俳句・川柳リストへ 返歌リストへ コメントリストへ 俳句・川柳投稿へ
この世とは  付かず離れず  しぐれ行く 尊晴 進入禁止のマークが少し見えるのが、面白い オハナ 2019/10/09
かなしみの  片手ひらいて  渡り鳥 尊晴 なかなか 面白いですね。 オハナ 2019/10/09
伸び切った  泣き真似淋し  アンドロイド 尊晴 むずかしいですね。 オハナ 2019/09/27
萩泣いて  清き流れに  落としけり 娃紀羅 素敵な光景です。 オハナ 2019/09/27
手長海老  そこが住まいと  滝壺へ 娃紀羅 手長エビを素揚げで食べたいです。 オハナ 2019/09/27
災去りて  水面に映える  すすきかな 娃紀羅 本当に市電の回復は早いですね。 オハナ 2019/09/27
伸び切った  鶴の首残し  野分け去る 尊晴 鳥のように見えます。 オハナ 2019/09/14
分針は  行きつ戻りつ  晩夏光 尊晴 綺麗な夕日ですね。夏も終わり寂しさもあります。 オハナ 2019/09/14
「晩夏」  ふと口にして  雲追う 尊晴 夏も終わりになります。身体も暑さから休めたいです。 オハナ 2019/08/30
散歩道  そのひぐらしの  果てるまで 尊晴 ひぐらしの鳴き声が好きです。鳥の鳴き声かと思いました。 オハナ 2019/08/23
アキアカネ  のろき歩みに  同行す 尊晴 最近 トンボを見るのが早くなりました オハナ 2019/08/23
手花火の  消えたる闇の  深さ哉 尊晴 花火の季節ですね。 夏到来です。 オハナ 2019/08/10
明けぬつゆ  見上げる軒や  木賃宿 尊晴 良く見つけましたね。可愛い アートですね。 オハナ 2019/07/27
夏雲に  乗って俳写の  一昔 尊晴 色々な事が載っているのですね。 オハナ 2019/07/23
到来の  ヘタ緑色  米ナスビ 尊晴 夏ですね ナスがきれいです オハナ 2019/07/10
一人居  耳鳴り  猫じゃらし 尊晴 猫じゃらしは雑草ではないですね アートになります オハナ 2019/07/10
書割りや  一人芝居の  思い込れ 尊晴 面白い絵ですね。PCでもこんな素敵な絵ができるのですね。 オハナ 2019/06/21
麦の穂に  刺されつ歩む  杖の道 尊晴 天気も良く雨も降ってくれて りっぱに育ってほしいです。 オハナ 2019/06/21
つゆ晴間  祝きこと一ツ  思い出し 尊晴 雨のしずくが葉っぱにあるのを見ると宝石のようです。 オハナ 2019/06/21
蜘蛛の子は  苦もなく風に  乗りにけり 尊晴 くもって良く見ると可愛いです。家に入ってきたときは外に逃がします。 オハナ 2019/06/21
次の20件へ



お問い合せ 歌詞リクエスト 登録リンク URL登録 音楽関係リンク サイトについて プライバシーポリシー