うたまっぷトップへ         

   この作品へのコメントを書きます     この作品へのコメントを見ます     トータルコメント一覧へ
      
        この作品へのコメント一覧        

作品: 髪に背に 落ちてはとける 春の雪 俳人: くーまま
誹謗中傷・その他ご指摘はこちらからお願いします

      

 コメント   投稿者   投稿日 
 詠んだ句と写真が一致しないなんて、私には日常茶飯事です。たしかに、それを詠むのは、難しいですね。「再会の 時間邪魔する 春の雪 」とか?私にもうまく表現できません。俳句は難しいけど、コレだってのが出来たときに感動も大きいです。難しい問題を解いたときみたいな、達成感があります。くーままさんの、この俳句私は好きです。978

ヴィン
60.47.216.231
 2011-02-13
 ヴィンセントさん、いつもコメントありがとうございます。 詠んだ句と写真が一致しなくて、「なんだかなぁ〜」と思っていました。 最初は、久々に息子に逢ってゆっくりしたかったけど、帰りの電車が不通になったら困るので急いで帰ってきたことを詠もうとしたのですが、うまく表現できなくて・・・こんなのになってしまったんですよ。俳句は難しいですね。977

くーまま
126.121.166.115
 2011-02-13
 くーままさん、こんにちわ。とても素敵な俳句ですね。すぐに溶けてしまうって言葉を「春の雪」が、より引き立ててます。最近、こういう素敵な俳句が作れてないので、反省です。972

ヴィン
60.47.216.231
 2011-02-12

      
c2001〜2007 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1